サラソウジュの木の下で インド植物ものがたり

人はなぜ、やさしく、おおらかに生きられるのか。タゴールの学園で学んだ若い日、民話を求めて訪れた村、神や仏のやどる花と木、市場と食卓にならぶ草花…。人と植物とのかかわりを描く、「スローライフ・エッセイ」を54編収録。

「初めてインドに行ったのは1972年の春だった。もう30年以上もたっているのに、あのときの感激は今でも忘れられない。ちょうどホーリー(春祭り)のころで、詩人タゴールが創設したシャンティニケトンの学園では、春の祭典が行われていた。幼稚園から大学院までの学生達が、春の到来を祝して黄色いサリーやクルターをまとい、タゴールの歌にあわせて手にした棒を打ち鳴らし、踊りながらマンゴーの木の下から出てくるのである。その歌の楽しげなリズムと、いかにもインドらしい素朴な旋律の抑揚は、知らずしらすのうちに聴くものの心を解きほぐし、軽やかな春の空気のなかへと解放してゆくのだった。」(本文より)

「サラソウジュの木の下で」
- 西岡直樹著
- 平凡社
- 271ページ/19.4cm×13.7cm

*著者のサイトはこちら
単価 1,870円

カテゴリー

サービス

お買い得&新入荷

ヘルプ

お読み下さい

インスタグラム

モバイルショップ

ネット店より

どんどん新しくなっています

只今、ネット店の細部をより便利に改装中。商品の写真やイベントなどのコンテンツの他に、さり気なく新商品も加えています。これから更にわかりやすく、使いやすいホームページにしていくつもりです。どうぞよろしくお願いします。

お急ぎの場合はお電話が一番!
「うっかりしてた」「〆切が迫っている!」など「超急ぎ」の場合は、ぜひお電話(0551-32-4215)でご注文下さい!できるだけ早く対応します。

詳しくは、「お読み下さい」、そして「送料とお支払い」「ご注文の流れ」のページをご覧下さい。お買い物の仕方が解りやすく書いてあります。